皮膚科との違い

美容皮膚科では、皮ふの施術をするのですが、メスなどが登場するものはありません。そこが美容整形外科と大きく違うところです。それでも、レーザーなどの機械を使用する施術はいろいろとあります。美容整形外科の皮ふ部門と同じように内容です。

皮膚科との違いは簡単に言うと、保険診療になるかならないかです。皮膚科は主に病気や怪我(火傷など)の治療を行うところです。その点、美容皮膚科はレーザー治療やヒアルロン酸注射、ボトックスなどの注入物を使って元々持っていた美しさを更に美しく改善するための美容治療です。自身で、こんな皮ふになりたいとか、トラブル解消などがある場合、カウンセリングから始まりますが、そこでは医師が対応することになります。単にキレイにするのではなく、自分の要望をつたえることが大切です。

 

皮膚科は主に保険診療で治せる病気の治療を行うところで、美容皮膚科は主にレーザーや高周波、特殊光、ヒアルロン酸やボトックスなどの注入物を用いることで、もともと持っている本来の美しさに改善する治療を行うところとお考えください。

内容も皮ふの施術ですから、多くのメニューを用意していることがあります。そして、気になる料金ですが、原則自費の自由診療になりますが、一部適用の施術もあります。ニキビ治療などは保険適用です。そして、医師の美的感覚によって施術が変わるのもポイントです。カウンセリングの時に感覚が合わないことで、自分の理想とする内容にならないこともあります。納得いかない時には、受診も考えたほうが良い事もあります。事前に口コミや評判などの情報を集めておくとよいでしょう。腕が良いのは当然ですが、美容と言う観点からは、仕上がりなどの情報も知っておくとよいでしょう。