皮ふトラブルの対処

エステなどで皮ふの施術をすることができます。美肌効果のあるメニューもありますが、トラブルもゼロではありません。そんな時、エステでは皮膚科受診を勧められます。それは失敗の事もありますが、施術に対して異常な反応をすることもあります。そこで、エステとは別に医療機関に行かなければならないことになります。美容皮膚科の場合、エステと同じ施術になりますが、もしトラブルが起こった時には、そこで治療をすることができます。このことは美容整形外科での施術でも同じです。

必ずトラブルが起こるとは限りません。しかし、実際に施術によるトラブルは、起こった時は、早くに治療をすることが必要ですが、美容皮膚科の場合はすぐに対処できることから、肌のダメージを最小限度に抑えることができます

そのようなトラブルが起こらないような治療方針を計画段階から立てられることも美容皮膚科のメリットの一つです。皮ふそのものは、施術の反応がどう出るかがわからないことから、できれば、皮ふの施術に関しては、医師がいる美容皮膚科の方が安心といえるでしょう。ただ、現在は国内ではあまり美容皮膚科が多くないことから、地域限定の選択になってしまうのも事実です。

皮膚科との違い

美容皮膚科では、皮ふの施術をするのですが、メスなどが登場するものはありません。そこが美容整形外科と大きく違うところです。それでも、レーザーなどの機械を使用する施術はいろいろとあります。美容整形外科の皮ふ部門と同じように内容です。

皮膚科との違いは簡単に言うと、保険診療になるかならないかです。皮膚科は主に病気や怪我(火傷など)の治療を行うところです。その点、美容皮膚科はレーザー治療やヒアルロン酸注射、ボトックスなどの注入物を使って元々持っていた美しさを更に美しく改善するための美容治療です。自身で、こんな皮ふになりたいとか、トラブル解消などがある場合、カウンセリングから始まりますが、そこでは医師が対応することになります。単にキレイにするのではなく、自分の要望をつたえることが大切です。

 

皮膚科は主に保険診療で治せる病気の治療を行うところで、美容皮膚科は主にレーザーや高周波、特殊光、ヒアルロン酸やボトックスなどの注入物を用いることで、もともと持っている本来の美しさに改善する治療を行うところとお考えください。

内容も皮ふの施術ですから、多くのメニューを用意していることがあります。そして、気になる料金ですが、原則自費の自由診療になりますが、一部適用の施術もあります。ニキビ治療などは保険適用です。そして、医師の美的感覚によって施術が変わるのもポイントです。カウンセリングの時に感覚が合わないことで、自分の理想とする内容にならないこともあります。納得いかない時には、受診も考えたほうが良い事もあります。事前に口コミや評判などの情報を集めておくとよいでしょう。腕が良いのは当然ですが、美容と言う観点からは、仕上がりなどの情報も知っておくとよいでしょう。